11月14日(土)、手野コミュニティセンターにおいて、五和地区公民館主催で、「いきいき五和塾」が開催されました。

 これは、五和5地区の特色や良さを再認識することにより、郷土に誇りを持ち、協力して五和の発展に寄与しようとする人材の育成を目的に、今年7月の城河原地区「ホタル育成」、9月の二江地区「イルカと道の駅イルカセンター」、そして、11月の手野地区の出番となりました。

手野地区と言えば、「芹生柿」が有名で、もちろん!このホームページの表紙も飾っています☆


 今回は、「手野地区特産の吊るし柿(芹生柿)による地域づくりについて」と題し、芹生柿の誕生がから今に至るまでのお話しを、松村一比孝氏から塾生14人と一般参加1人に対してありました。


 平成20年、松村氏が手野まちづくり振興会の会長に就任されたと同時に、この”芹生の郷の柿づくり”がスタートし、併せて、ボランティア型からコミュニティビジネス型(生き生きとした楽しみのある活動)へと移行され、その目玉事業として、この「芹生柿」にスポットをあてられ、まず、園を開設し、開発・研究を行っていくとともに、特産品化と市場開拓についても行動を起こされました。


 今となっては、この芹生柿・・・

一番、最上級品のものは、なんと糖度は50度、直径8~10㎝、重さ400~500gもあり、三拍子揃った(柔肌、色良し、味良し)女性感のあることから、「芹生のべっぴんさん」と称されています。


 松村さんは、今後の展望や、五和町で数多くある「鬼」の話しなど、通常であれば60分の講座が、90分の講座となりましたが、受講生は貴重な経験談に耳を傾け、また、実際の芹生柿を持参されたため、手に取り、さらに、関東方面の高級ホテルやデパートに送る際の化粧箱等にも目を丸くし、受講されていました☆


 私自身も、とても貴重な時間を過ごすことができ、勉強になりました。まだまだ、書ききれないことが多くありますが、きっと受講生も私と同じ感覚だったことと思います♪

いきいき五和塾1

【芹生柿について講話される松村氏】
いきいき五和塾2

【松村一比孝氏】

いきいき五和塾3

【芹生柿を実際に手に取る塾生】

いきいき五和塾4

【この化粧箱に詰めて、関東方面へ…】

いきいき五和塾5

【”天草夕映” 「くまもとの赤」に登録されています】


 11月12日(木)、手野地区コミュニティセンター前にある「ボランティア花壇」に、手野地区の花の会の方々に協力していただき、春・夏用の「花の苗植え」を行いました。

 年に2回実施しているこの花の苗植えですが、美しい景観づくりの一環として、市より配布いただいています。(ありがとうございます♪)

 今回、植え付けた花の苗たちは、パンジー、ビオラ、ナデシコ、クリサンセマム、葉ボタン♪

 前日に、振興会長と小峰の桑原夫妻にご協力いただいたおかげで、マルチを張る作業から実施できたため、作業効率が非常良く、あっという間に苗植えが完了することができました。

 皆さま、ご協力ありがとうございました♪

R2花(春用)1

R2花(春用)2

R2花(春用)5

R2花(春用)4

R2花(春用)3

R2花(春用)6

R2花(春用)7

 手野地域では、「手野地区農業施設保全会」という組織で、平成29年度からこの交付金を活用し、地域資源(農地、水路、農道等)の質的向上を図る活動に取り組んでいます。


○関連記事はこちらです。

 ↓

多面的機能支払交付金による活動



 本日は、市より適正に地域資源(農地、水路、農道等)が管理、運営されているか、年に1回の現場確認を行いました。

 写真の水利組合は、しっかり管理もされておりましたが、3か所管理が行き届いていない場所があり、後日、再確認となりました。

R2保全会(現地確認)2

R2保全会(現地確認)1


 引き続き…

 水路・農道等の施設の軽微な補修、環境保全活動及び多面的機能の増進を図る活動や、老朽化が進む施設(農地周り・農道等)の長寿命化のための補修・更新の活動を支援してきます。

 日に日に寒さも増し、秋から冬への変わりつつありますね。

明日は、秋用の花の苗が天草市より届いたので、手野地区のコミュニティセンター前にある「ボランティア花壇」へ植え付けを行います。

 先日、明日の植え付けがスムーズに行えるように、宮崎会長と、小峰の桑原夫妻が夏用の花を片付けてくださり、畝まで作っていただきました。

 宮崎会長が水やりをしていた、秋用の苗たちも、いよいよ表舞台に立つ瞬間がきました☆

R2花の苗植え準備1

R2花の苗植え準備2

R2花の苗植え準備3

 毎年この時期に、五和小5年生が「内野川浄化活動」として、五和町の手野地区と城河原地区へ校外学習を実施されます。

 午前中に、”ホタルの里”城河原地区で内野川の清掃活動をし、その後、手野地区の井手神社において、柿の講話を”柿の会”を代表し、鳥羽瀬さんより話されました。

 手野の「犬殺し柿」や「芹生柿」の違いや、これまでの経緯等について講和があり、児童たちは真剣にメモをとりながら学んでいました。

R2柿講和1

R2柿の講和2

R2柿の講和5


 また、講和後は、近くにある「犬殺し柿」を手に取り、はしゃぐ姿も可愛く感じました♪

聞くだけでなく、実際に目で見て、触れるって素晴らしい!

R2柿の講和4


 最後は、その「犬殺し柿」を児童に1個ずつプレゼントされ、講師の鳥羽瀬さんから、食べ方をレクチャーいただきました☆

R2柿の講和3


 これからの活動を通して、環境保全の意識や実践力を培い、地域の魅力や資源の再確認をする機会になればいいと思いました♪


 今年は、この「犬殺し柿」のシーズンは終わってしまいました。

毎年、管理いただいている”柿の会”のみなさん、ありがとうございます。

R2柿の講和6

R2柿の講和7

R2柿の講和8


 手野地域では、「手野地区農業施設保全会」という組織で、平成29年度からこの交付金を活用し、地域資源(農地、水路、農道等)の質的向上を図る活動に取り組んでいます。


○関連記事はこちらです。

 ↓

多面的機能支払交付金による活動



 本日は、土砂上げの要望があった箇所において、作業を重機で行うために(人力では困難)、現場確認を行いました。


R2多面的(保全会)1

R2多面的(保全会)2

R2多面的(保全会)3

R2多面的(保全会)4

R2多面的(保全会)5


 引き続き…

 水路・農道等の施設の軽微な補修、環境保全活動及び多面的機能の増進を図る活動や、老朽化が進む施設(農地周り・農道等)の長寿命化のための補修・更新の活動を支援してきます。



 本日の土砂上げの箇所を見ていたら、手野の彼岸花を発見しました♪

R2彼岸花1


[ 1 2 3 4 5 6  次へ ]      73件中 1-6件