皆さんこんにちは(^^♪

大雨が続き、本日はいったん雨は落ち着いています。


今日がチャンス!とばかりに午前中に区長・班長さん宅への配布をしてきました。

コミセンに戻り、いったん落ち着いたところに前年度まで2年間福祉生活部会長をしていただいていた山浦地区の福永さんから管理人あてに電話がありました。


ちょうど、担当のTさんその方のお宅の近くを通った時に『いろいろようしてくれらしたよね~』と噂をしていたんですよね(笑)


福永さん、見せたいものがあるからと『カメラば持ってきて~』


管理人・・・『つい今さっき山浦地区行ってきたんですよね~(笑)』


福永さん・・・『え?いつ?』


管理人・・・『たった今さっき(;´∀`)』


一瞬、今戻ってきたのに今からまた山浦地区かあ? (そう遠くはないのですが、若干ですね・・・)と思いました。

でも、こうして気にかけて話題を提供してくださってるのだし、特に雛人形展では大変お世話になりまして。。。

行かない選択肢はなかったですね!


もう一つだけ用事をしたら寄らせてもらいますね!と言って電話を切りました。


用事を済ませ、30分後くらいでしょうか?管理人が着くと、まず見せてくださったのが

↓ ↓コチラ

蓮の咲いた後

『何ですかこれは?ハチの巣?』と聞くと・・・

これは昨年、花が咲き終わったもの。



案内されて行ったのが敷地内のほとり?

蓮の花

蓮の花がキレイだったからと・・・



管理人、蓮の花は水面に浮いている花のイメージがあり、こんなに背が高いのかと?思いました。


これから咲こうとしている蕾も・・・

蓮の蕾


管理人、更新する前に蓮の花を検索。


見ごろは7月中旬から8月中旬。

今はまだ7月初旬。どおりでまだ花がまばらなわけかあ?


福祉生活部会の行事のたびに、いつも集合時間よりかなり早く来られていた福永さん。

事務局である管理人が焦ってしまうので、あまり早く来すぎないでくださいという意味で『時間厳守ですよ!』と言っていました。

なので、今回の蓮の花も見ごろより早く教えてくださったのかしら?(* ´艸`)クスクス


花言葉は『清らかな心』

意味は・・・泥水を吸い上げながらも、美しい花を咲かせることから。


”責任感が強く、何事にも熱心に取り組んで下さっていた福永さんみたいだなあ”と思いました。

蓮の咲いた後

↑ ↑ このハチの巣みたいと管理人が間違えたものも『お雛さんの時期になったらこれに色を塗って、飾りをかざればよか』と、福永さんの中では飾りのイメージが出来ておられたようです。

役を離れられてからも、このようにいろいろ考えてくださっているのです。



さらにもう一つの花言葉・・・『休養』

午前中に咲いた花が午後には閉じてしまう様子を表したもの。


午前中に開いた花が午後には閉じる?


管理人が伺った時はもうお昼前で、もしかすると電話をくださった時にはキレイに開いていて、ほんとはその時にすぐ来て撮ってほしかったのかなあ?と思いました。

蓮の花 2


もう一度見ごろの時に撮りにいかないといけませんね~(^^♪





ここのところ雨が続いています・・・本日も土砂降り


↓ ↓ 皆さん、ここはいったいどこだと思いますか?

更地 2


実はここは ↓ ↓ 下津浦地区コミュニティセンター迫分館です。

迫分館

1ヵ月ちょっと前までは ↑ ↑ この姿だったんです。


コミュニティセンターの改築に伴い、迫分館は1ヶ月ほど前から解体工事が始まりました。

↓ ↓ 5月の終わりごろ

囲い


↓ ↓ 6月の初めごろ、真夏のような暑さの中、作業をされています。

6月9日


↓ ↓と、思えば翌日は土砂降りの中の作業。

屋根はがし


6月中旬ごろから本格的な解体工事が始まり、管理人も事務所でじっとしていられず、業者さんの了承を得て写真を撮らせていただきました📸



解体 2



解体 1



解体 3




ここで、管理人のエピソードも交え、迫分館の歴史を少しばかりご紹介します。


下津浦地区コミュニティセンター迫分館は、昭和49年4月1日下津浦保育所として開園しました。


↓ ↓これは管理人が赤組さん(小さい子のクラス)のころです。

気持ちよく歌う

いちばん左手前で気持ちよく歌っているのが管理人♪


この振り付けは管理人が間違えているのか?友達が間違えているのか!?

里美 3歳


↓ ↓ これは5歳になるちょっと前。右から3番目が管理人です♪

すいか

ON THE まゆげ前髪が眉毛より上)は木村カエラちゃんよりも、クレラップのCMの姉妹よりも先に管理人がしていました((* ´艸`) 我が家では「クレラップカット」呼んでいますが、当時はありがちな髪形でしたよね?


↓ ↓ 皆がカメラ目線の中、カレーライスに夢中なのが管理人。

キャンプ



ここで話が脱線します!


管理人が今回、保育園のアルバムを出して見ていて気づいたことがあります。

管理人の現在の年間スカート率95%の原点はこの幼少期にあり!

山の中への遠足と、芋掘りの日以外はほぼスカートでした。

更に、遠足と芋掘りの日に履いていたピンク色のジャージのズボンなのですが、買ってもらって嬉しくて、それを履いてお風呂の焚き物をくべるお手伝いをしたのですが、火の粉が飛んできて買ってもらったその日に膝に穴を空けてしまいました(;´∀`)

日、”ベルサイユの薔薇”のイラストのアップリケでふせ(補正)してもらいました。


更にこの補正が中学時代に飛躍するのですが、中学校でバレー部に入部した管理人。

まだ、サポーターを購入前に体育館の隅っこでレシーブの練習をする。そしてジャージのヒザに穴を空ける。3姉妹の末っ子である管理人、姉の代のジャージが余るほどあるわけです。母は穴をわざわざ広げ、余りに余った生地でクッション代わりに2枚重ねてサポーターほどの大きなふせをしてくれた。

夏休みの陸上の練習のウォーミングアップのランニング中に先輩から『さとみのふせは太かにゃ~』と言われたことが思春期の管理人はとても恥ずかしかったのである。。。



余談はさらに続く・・・


管理人の長女に何年生まれかと聞けば『2004年』と西暦で答える。

管理人世代の方は『何年生まれですか?』と聞かれると、『49年です』とか『56年です』とか”昭和てわかるやろ?前提で答えますよね?しかし、テレビ番組になると再び『80年代アイドル』と西暦でご紹介される。。。

その”昭和てわかるやろ?”の範囲はわりと幅広い(10歳以上離れていても通用する)

ならば?管理人が『元年生まれです( ̄ー ̄)』と言えば ”へ~平成元年生まれの32歳なんだ?”と思われるのだろうか?とっさにピコピコハンマーが飛んできそうですね!

ここで、ピコピコハンマーをチョイスするところあたりが昭和っぽい?




話は元に戻りますが、下津浦地区コミュニティセンター迫分館は、昭和49年に開園し25年間の間にたくさんの子どもたちが巣立ち、平成11年3月31日をもって閉園いたしました


しばらくの間は、利用されない寂しい施設となりましたが、平成16年ごろには地域の要望により、下津浦ふれあい館として利用されるようになりました。

ふれあい館



その後、下津浦地区コミュニティセンター迫分館として今日まで地域の皆様に利活用されてきました。


また、ここ10年間は、皆さんご存じの下津浦地区振興会雛人形展の会場として、町外・市外、あるいは県外からもたくさんの方々にご来場いただきました。

輪飾り越し

↑ ↑ この部屋はまさに保育園のころの管理人が歌って、踊っていた部屋です。



↓ ↓ お昼寝が苦手だった管理人はいつも天井の扇風機を眺めていました。

扇風機と


↓ ↓ 今年2月にはひな人形展10周年記念イベントを開催(^^♪

ひな抽選会 1


工事は本日、この土砂降りの天候の中でも行われていて、7月中旬~下旬ごろまでには完全に更地になる予定で、8月からは新館の建設が始まる予定です。


↓ ↓ 昨日(7月6日)の帰りの状態。

更地


管理人より少しばかり先輩であった迫分館。

これまで46年間の長きにわたり、地域の皆様に親しまれてきた施設に対し『ありがとう そして お疲れ様でした』という感謝の気持ちを贈りたいと思いますm(__)m


昭和53年度 当時の園児と先生方。 

53年集合

皆さんこんにちは。今日も梅雨の晴れ間の良い天気です

1週間ぶりの更新ですが”ひそかに温めていたネタ”ゴーヤネタで、本日はゴーヤの勝利✌

ということで、今年で3回目となるグリーンカーテンの話題を少しばかり書きたいと思います🖊


同町内の楠甫地区振興会のNさんから苗をいただき5月の終わりにゴーヤの苗を植えました。

ゴーヤ



周りを少しキレイにし、植えて1週間後

植えて1週間


↓ ↓ 6月5日

6月5日のゴーヤ


きっかけは、熊本県環境生活部環境局環境立県推進課”ストップ温暖化県民総ぐるみ運動推進会議”の取り組みで、グリーンカーテンを重点として、下津浦コミセンでも一昨年植えてみて、今回で3回目です。

簡単に言うとエコ目的ですね。


当時、開校したばかりの有明小学校の4年生(現在の6年生)と一緒に管理人も形ばかり?お勉強してきました。

その時のブログ→click 『クリーンな予感』



1年目、ブログでの予告通り、実が1つも生らないうちに枯らす(;´∀`)


昨年、実は1つ生りましたが、色は緑ではなく、すでに赤みがかっていて、しかもカメムシが周りにびっしり付いていて収穫する気にもならず・・・(;´∀`)💦


そして今年、6月16日

ゴーヤ 6月16日


順調です。同町内のよそのコミセンでは早いところで、もうびっしり葉が張っていてカーテンの役目を果たしているでしょう。


エコということで、管理人たちが普段仕事している事務室の横に設置する(陰で涼しくなる)のが良かったのでしょうけど。


↓ ↓ 最近の写真ではありませんが、このようにゼラニウムが植えてあります。

事務室前ゼラニウム

それに、事務室の窓側にカーテンを設置して、万が一びっしり栄えては、管理人たちから世間が全く見えなくなります。

そこで、調理室横の現在の場所に設置したのですが・・・誰もおらん所にしてもね~?というのがありました(笑)



では何のために?



先週、NPO法人 熊本温暖化センターから、このグリーンカーテンの様子を見に来られました。

お隣の上津浦地区の環境に関係する推進員の松ケンさんとともに


その日は、有明町内のコミセンを見て回られましたが『苗はやはり楠甫の苗ですか?』と聞かれました。

そうです!そうです!楠甫の苗ですよ~。町内どこのコミセンも楠甫の苗です。

楠甫コミセンは、ジャンジャン実が生り、そのこぼれ種で、皆さんに分けてあげられるほどなんです。

この目的の意味を成しておられるのです!


プランターでは土も足りないし、育たない原因もうすうすわかってはいるんですけどね。

そこの砂利をつぶして直植えするわけにもいかないしなあ・・・ほんと、何のために?やっているの・だ・か ?

摘芯をしてみたり、カメムシの逆襲に遭いながらも水をあげたりしています。



熊本温暖化センターの方と、松ケンさんが来られた時には、カメムシにカミキリムシもいて、松ケンさんが『カミキリムシ みぞか(かわいか)な~』と言われました。

なんですと?カミキリムシが可愛いと?うそでしょう~?と思い、タイムリーなことに前日に書いたブログにカミキリムシを載せていたので、ブログの綴りを見せました♬


ブログのファイル  足の裏💛


やはりこの写真のカミキリムシを見て『みぞか(かわいい)もね~』と言われた。

さらに綴りの中をペラペラとめくり『へーこがんしてマメに書きよったとた~?』と。


松けんさんと言えば、管理人はバナナを思い出す。

天草ばなな1

↑ ↑ 『確か5~6年前だったと思うんですけど・・・』と管理人、5年前の綴りを出してきてめくってみたが、そんなときに限って見つけきらんとですよね(;´・ω・)


写真は松ケンさんご本人です。昨日、見つけました!5年前は正解でしたが、夏ではなく10月の秋に書いていたので先日はすぐに見つけきれなかったのです。松ケンさんは今度ゆっくり検索して探してみるよと言って帰られました。

過去のブログ click →『ビッグニュース3連発』


グリーンカーテンはともかく?グリーンカーテンきっかけに話が広がったことでゴーヤは収穫できなくても、その時のやりとりが管理人にとって大きな収穫でした



ペースは遅くとも順調に生長している下津浦のグリーンカーテンです(7月1日撮影)

7月1日 ゴーヤ

果たして、まだまだ広がってくれるでしょうか・・・?


皆さんこんにちは!

梅雨の中休みも終わり、今日から再び雨☂ですね。


つい一昨日の更新で、地区振興会便り『ひがんばなNO・77』の発送準備が整いホッとしたと書いておりました。

77


昨日の朝、いつもの清掃をしていると、清掃も終わらない時間に下津浦の担当のTさんから連絡が入りました。

こんな早くから何事?かと思ったら『緊急事態発生です!』( ゚Д゚)


締め切りの1日前に準備できていて、昨日(24日)の午後には発送されるところでした。

内容が間違っていたわけでもないのですが、やることになっていた事が中止になり、記事を訂正をしなければならなくなりました。


訂正の作業をしながら心の中で、昨日ブログの中で、数年前に当時の担当のMさんと、訂正の文字を書き加える作業をしたことがあると書いたばかりで、なんだ?今回の出来事のタイミングは?タイムリーなことにまた同じような作業をしているではないか?と笑えました。



本日のタイトルは『タイミング』

タイミングと言えば、今日からまた天気が崩れるからと、一昨日ラグマットを洗濯したんですよね。おかげさまでよう乾きましたそしたら、昨日には長男がさっそくシミをつけてくれて・・(。-`ω-)

昔っからそうです!洗濯したばかりの時に限って汚してくれて<`~´>


それから、我が家でよくある長女とのやりとり


管理人・・・『はよ、お風呂入って』


長女・・・『わかっとるよ』


と言いながら、そのやりとりを数回交わす。なかなか入らない。

そこで”後のことが遅くなる” ”洗濯回されんやん? あんたが洗濯してくれるのか?”と管理人の小言が始まる。


そんな話を、淑女の集い(ミニバレー)の時に話した。

すると『私も、高校生の時に全くおんなじことを毎日言われてました』というメンバーがいました。

さらに『お母さんが大変なのはわかっとるとですよね~・・・でも入りたくなかっですよね(その時は)』


管理人も、学生時代は遠い昔のことですが、そがんありました(;´∀`)


自分のタイミングで入りたいのです。



さらにある時は、入ってくれたはよいが、なんで弟のクラブの迎えから帰ってきたときにまだ入っとると?汗かいて帰ってくるのわかっとるやろ?なぜ、それまでに上がってないのか?と・・・。


すると『だって、お母さんだってすぐ入らんやん!?』とつっこまれる💦

迎えから帰り、その勢いでなんでも済ませてしまえばいいのですが・・・1回座らせてよ!


管理人だって自分のタイミングで入りたいんだよ!!


長女からすれば管理人の言ってることは矛盾だらけです((* ´艸`)



昨日の話に戻りますが、振興会便りの訂正を済ませ、本当に安心したところでコミセンに帰るのですが・・・帰ったら”数字を拾って、集計して・・・”といった年に一度ある業務が待っていて、今はちょっとまだあんまりしたくないなあという現実逃避と、偵察も兼ねて、手前の上津浦郵便局のところから入り、上津浦コミセンに立ち寄った。

アポなしで寄ったので、タイミング悪いことに上津浦地区振興会のNさん、何やら忙しそうで”話しかけてくれるなオーラが出ていた”

昨日、上津浦出張所(コミセン)勤務の”コミセンの魔術師の卵”『管理人さんが、下津浦でブログ書きよらす時みたいに今、Nさんは集中しとらすとです』と。

なるほど~わかりやすい例えだな!と思いながらも、とりあえずしゃべりたかことはしゃべって帰りました(笑)


午後、逃避していた業務をしていると、今度は、元祖コミセンの魔術師『管理人さん、花壇に花の苗ば‾植えてよかや~?』と来られた。

現在の下津浦コミセンの花壇、草は伸びてきているが花が全然なくて・・・それを見かねて持ってきてくださったのか?

現在のコミセンの花といえば。。。紫陽花と

紫陽花 6月25日


日日草

日日草 1


昨日の朝、↑ ↑ この日日草を花壇に植え替えようかしら?などど考えていたが、あまりの暑さに、それをするなら夕方だなあと思っていた。


日日草 2


そこへ、タイミングよく?元祖コミセンの魔術師が来られたのだ。


しかし、管理人の花を植える!という気持ちのタイミングは合っておらず『今はぬっかけん、植えよごとはなか~(笑)』と言ったら『私が植えてやるけん、あんたは自分の仕事ばしよれ!』


しかし、そういうわけにもいかないので、魔術師が植えてくださった後に管理人が水をかけた。

松葉牡丹


松葉牡丹の苗が50株ほどあったでしょうか?

さすが魔術師!手際よくあっという間に植えてしまわれた。


管理人が、あまりにも花壇に花がなかったから、日日草を花壇に移そうかと思っていたと話すと『それはもたん(花が生きらん)けんせん方がよか』と言われました。しかも下津浦コミセンの花壇事情は管理人よりも詳しい。



管理人、なんでも手際よくこなされることから”コミセンの魔術師”というあだ名をつけた。植物にも詳しいことからまたの名を”歩く花図鑑”と呼んでいる。ネタバラシをすると、日日草の名前も昨日までは『日日草』だったか『百日草』だったか思い出せず、帰ってから調べたのです。上津浦に寄った時も魔術師の卵『下津浦の軒下の花は日日草やった?百日草やった?』と聞いたくらいです。魔術師の卵も『どっちやったですかね~?』と言うとらいたですよ!魔術師の卵さん!”ニチニチソウ”やったよ!

さらに調べてみると日日草は”移植を嫌う”と書いてありましたφ(..)メモメモ

花言葉は・・・『楽しい思い出』 『友情』 『楽しい追憶』


ついでに上津浦コミセンの偵察を兼ねてとは、花壇の様子を見たかったのです。


玄関近くの鉢の中に『サンパチェンス』が咲いていました。

SUN=太陽 、ペイシェンス(㎩tience)=忍耐 つまり暑さや強い日差しに耐える花のようです。


いつだったか、お隣の島子コミセンからインパチェンスを分けていただいて植えたことがありますが、逆にあまり日当たりが良くないところの方が育つ花のようでして、日差しの強いところに植えていたので枯らしてしまいました。


魔術師曰く、松葉牡丹もすぐ咲くし、今日からはしばらく雨なので水もしばらくはかけんでよか!とのこと。

また、花壇に色鮮やかな花が咲くのが楽しみです



お・ま・け

アマガエル

皆さんこんにちは(^^♪

管理人、今回も前回からけっこう間が空いたかな?と思っていましたが1週間ぶりの更新ですね!

前回のブログの終わりに、ひそかに一つ温めているネタがあると書いておりました。

まだ準備不足のため先送りです(。-人-。) ゴメンネ


今日は、思いつきのポッと出の話題です!


今朝、外を見るとまたまた草は伸びてきているけれど、梅雨の合間のこの暑さ!外仕事は勘弁と思い、毎日の清掃の延長で館内の窓のサンなどの掃除をしていました

すると廊下の窓の網戸の外に、でっかい虫がはりついていて・・・

足の裏💛

いや~気もちわるかな~( ;∀;)

でも?だけに無視できなくて・・・。


よく見ると足の裏がハート型💛


そこで、きゃ~かわいい(⋈◍>◡<◍)。✧♡”とは、なりますか???

管理人はなりませんでしたが、虫の姿を隠してハートの部分だけを見れば?見方によっては?かわいく見えるか・も?( ̄ー ̄)・・・


掃除、廊下の水拭き、モップの洗濯などやっていたら午前中は席に座る間もなく、あと15分でお昼!?

どうり(道理)でお腹がグーグー鳴るわけだ(〃艸〃)


あと少し、お昼まで何しようかな~?と思ったときに、そういえばしばらく描きかえていないな~と思いました。

↓ ↓4月の黒板イラスト

アマビエ黒板



アマビエさんはそのままに、🎋七夕も近いので願い事を描き加えました(〃艸〃)ムフッ

アマビエ七夕


岩の色をグリーンからブルーにして、手のひらでボカシたら手がブルーになったのでそのまま手形スタンプ!

我ながら気もちわるかな(-_-;)と思いつつも、見方によっては?妖怪の世界の不気味な感じが出ていいのでは?と短時間で完成した使いまわしの力作ができたなと思ったところです。


午後からは、明日発送の地区振興会便り”ひがんばなNO・77”を折り、発送する準備をしてきました。

本来ならば、6月にグラウンドゴルフ大会が行われる予定だったので、載せる話題がいっぱいになるはず?でした。コロナの影響で一応秋以降に延期になりましたので、今回載せる話題がー(;´∀`)💦


下津浦地区は隔月で年間に6回A3サイズで振興会便りを発行しています。

一時は担当のTさん『話題がなければ今回はA4で発行してもよかですよ』とまで言ってくださいました。

書くことが決まれば早いのですが、構成、内容いろいろ考えるのに2、3日はかかりますね。


管理人が振興会便りを書くようになったのはNO.35号からでした。

35

振興会事務局としての3ヶ月目を迎えた6月の半ばごろでしたでしょうか?

当時の担当のOさん『ちょっと書いてみて』と、書き方、写真の取り入れ方などいろいろ教えてくださって・・・


最初は、1つの記事に対して1枚写真を使うのが精いっぱいで、写真が縦や横に伸びてしまったりで、ものすごく下手くそな便りでしたね。

今回でNO・77号。(※管理人が書くようになって43紙目)


書いては数人の方に見てもらい、間違いや言葉の言い回しの訂正などなど、発行までにいくつかの関門を通るわけです。いろんな方のご協力で発行に至ります。

ある時は印刷を終えた後に、言葉が一文字入っていなかったりで、その当時の担当のMさんとペンで書き足したなんてこともありました(;´∀`)


↓ ↓ 完成したひがんばなNO・77号

77


今回もなんとかA3サイズで発行することが出来ました。

印刷を終え、各区長さんのところへの準備完了したところで、やっと管理人はホッとします。

刷り上がったひがんばな”今回はよー出来たなー”とニタニタしてみたり、今回はイマイチかな?と険しい顔をしてみたり、じっくりと眺める時間が毎回あります(笑)


特に下津浦住民の方、このブログを読まれたうえで今後発行されるひがんばなをご覧になられたら、見方によっては?優しい気持ちでひがんばなを読むことができるかも?しれませんよ?


今現在、ひそかに温めているネタはひがんばなNO.77と通ずるものがあるかも?しれません。。。




[ 1 2 3 4 5 6  次へ ]      1097件中 1-5件