平成30年7月13日(金)JICA横浜が主催する、2018年度チュニジア国別研修「水産資源共同管理及び水産物付加価値向上(第二年次)」の研修コースにてチュニジアより12名の研修員の方が来日されました。
チュニジア国別研修
天草漁協上天草総合支所では、セリや魚の選別、水揚げの様子などを見学された後、漁業協同組合の仕組みや活動内容についての講義を行いました。
チュニジア研修1
                  (水産物加工場の見学の様子)
チュニジア研修2
チュニジアは北アフリカに位置し、地中海に面しています。
中部・内部地域は広い大陸棚を有し、チュニジア漁業の中心地となっているそうです。
しかし、一部の大小トロール漁船の沿岸漁場への侵入により、過剰漁獲と藻場の破壊が進んだため漁場悪化が問題に、、、
チュニジア研修3
また、チュニジアでは漁業者の組織化が始まっているそうですが、日本の漁業協同組合のような組織が確立されておらず、行政や研究機関、漁業者の連携がうまく行われていないそうです。
チュニジア研修4
そこで、日本の漁業協同組合の活動や取り組みを参考に、漁業者組織の活性化・多様化の参考にしたいとの要望があり今回、天草漁協上天草総合支所が協力させて頂きました。
チュニジア研修5
(チュニジアは主にフランス語のため、通訳の方を介して講義が行われました。)

天草漁協が行なっている、販売・購買・金融・信用・共済・会計などの業務内容についてや、天草漁協大矢野水産物加工場の取り組みなどについて説明させて頂きました。
チュニジア研修6
みなさん、熱心に説明を聞き、少しでもわからないところがあればすぐに質問されていました。
チュニジア研修7
~講義は無事終了~
研修員のみなさま、関係者のみなさま、本当にお疲れ様でした。
少しでもチュニジアの漁業の発展に貢献できていればうれしいですね♪




平成30年7月16日(日)は、海の日でしたね。
天草市五和町でも、早朝6時から漁港周辺の清掃作業がありました。
-------------------------------------------------------------------------------
清掃作業前
                           (清掃作業前風景)
清掃作業前
草刈りやゴミ拾い等・・・
それぞれの場所で、皆さん汗だくになりながら作業をされていました。
    (お疲れ様です!<m(_ _)m>)
清掃作業中
                             (清掃作業中)
清掃作業中

清掃作業中

清掃作業中

清掃作業中

ゴミの一部
                             (ゴミの一部)
-------------------------------------------------------------------------------
海岸には大きな流木も!!Σ(゚Д゚)
流木

流木

流木

流木
※海岸管理者の責任と管理のもと法令の規定に従い、撤去が行われました。
-------------------------------------------------------------------------------

清掃作業後
                         (清掃作業後風景)
清掃作業後

清掃作業後
おかげ様で、こんなに綺麗になりました。
暑い中、大変お疲れ様でした。


平成30年6月30日(土)、本渡五和農業協同組合本店において、第13回天草漁業協同組合通常総代会が開催されました。
総代会

総代会
総代会後の理事会においては、代表理事組合長、代表理事副組合長、信用担当理事の選任がなされました。また、監事会において、代表監事が選任されました。
新役員は、代表理事組合長に江口幸男理事が選任され、代表理事副組合長に浜悦男理事、佐々木倫一理事が選任、信用担当理事には柗野重幸理事、代表監事には五十嵐久人監事が選任されました。


来月、7/18~24の7日間、横浜の百貨店にて天草漁協による天草フェアを行います。
そのイベントに向けて活きたままの状態で魚を輸送する為、試験的な実験が行われました。

ここで、今回活躍するセンサー登場!
センサー
-------------------------------------------------------------------------------------------
海水にナノ化した二酸化炭素と酸素を交えて水槽に送り、濃度が上がるのを待ちます。
センサー

センサー
--------------------------------------------------------------------------------------------
水槽の数値が良い状態となったので、水槽に活魚を入れました。
(ドキドキ・・・!!わくわく!!(笑))
魚
-------------------------------------------------------------------------------------------
すると・・・どうでしょう~!
睡眠術にかかったように仮眠状態になりました!
緑のかごに入れてあるのは鯵ですが・・
とうとう眠り始めました(笑) (うとうと・・・)
眠っているのがわかりますか?
この海水につけた瞬間、魚達の動きが止まったんです!
(不思議~♪)
鯵
-------------------------------------------------------------------------------------------
この仮眠状態の魚を運搬用イケスにうつして・・・
鯵

鯵
-------------------------------------------------------------------------------------------
氷をたくさん入れ、水温調節したら・・・今度はトラックに積む作業です。
トラック積む作業
   -----------------------------------------------------------------------------------------     
落とさないように慎重に・・・
トラックへ積む作業

トラックへ積む作業
-------------------------------------------------------------------------------------------
大きな運搬用トラックに乗せて東京へ運ばれます。
このように活魚車を使用せず、一般のトラックにて運ぶ事が可能になり、従来の積載の量り約二倍程の魚を一度に運ぶ事ができるようです。
トラック積み作業
  ------------------------------------------------------------------------------------------
18時間かけて東京へ運ばれるそうです。
今回は東京でイベントが開催される為、そのイベントに向けて試験的に活魚輸送実験が行われました。
何日か前よりイベントの為に裏では関係者の方の苦労があるんですね!その意気込みが伝わった一時でした。

この実験が成功すると、来月東京で開催されるイベントで活魚ディスプレイされるそうです。
私達の住んでいる天草は、海が近くにあるので当たり前のような事に思えますが、東京の人にとっては活きた魚が泳ぐ姿を目にすることは大変珍しい光景だそうです。
是非、東京のイベントでお客様に天草の魚の泳いでる姿を楽しんで頂き、新鮮な魚を味わって頂きたいものですね(*^_^*)

平成30年6月22日(金)

上天草市大矢野町にある天草漁協車海老養殖場の

イケスに稚えびが投入されました!

 

 

稚えび6

車海老の稚えびってと~っても小さいんですね。


稚えび投入

 

稚えび7

バケツからタンクへ丁寧に移し替えていきます。

 

稚えび

 


稚えび4

 

稚えび2

いよいよ投入開始です。

 

稚えび5

タンクから伸びたチューブの中を通ってイケスに稚えびが投入されていきます。

 

稚えび3

11月からの出荷に向けて、どんどん大きくなってほしいですね☆

 

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8  次へ ]      309件中 11-15件