今日、熊本日日新聞にコレジヨ館に関する記事が掲載されました。


天正の四少年が持って帰ってきたパイプオルガンを、当時、金属の

ブリキが無かったゆえに、竹の筒を用いて制作されています。

しかもその竹は、、ヨーロッパ産の植物よりも太く丈夫で、、ブリキと

同等かあるいはそれにも優る心地よい音色を備えています。


今は実演できませんが、コロナが落ち着いた頃には、皆様にお披露目が

できる事と存じます。


その時までお楽しみにしてて下さい。


天草コレジヨ館館長

岡部 京美


123




♪春よ来い!早く来い!あるきはじめたみいちゃんが、、、♪


待ちわびた春がやって来ると、よく歌ったものです。


今まさに、春もたけなわ。


周りは、春いっぱいの景色がいっぱいで、

山々の木々が若芽に萌えてとても綺麗です。



tyo1


tyu2


tya


tyb









コレジヨ館の入口看板が新しくなりました。


春爛漫の昨今、当館の看板も春めく姿に変わりました。

皆様も桜を満喫され、これから、春の新芽のようにすくすくと大きく羽ばたかれることと

存じます。


生まれ変わった看板と、天草キリシタン発祥の地と目される我らが河浦へのご来館を

職員一同、お待ち申し上げております。


kan



iku




コレジヨ館のバックヤードの桜が、いま満開です。

綺麗で、正に、日本の春の象徴そのものですね。

『世の中に耐えて桜の無かりせば、春の心は、のどけからまじ』

意味としては、世の中から桜がなくなれば、今年もまた咲いた、

しかるにその花の命は、かくも短く、また散った、と、嘆く。

いっそのこと桜がこの世からなくなってしまえば、

一喜一憂することもなかろうに!


でも、歌を詠んだ本人の、本心は、いつまでも桜は、あって欲しい!


11




12


春の息吹きを感じる季節になりました🌸 

春の陽気にいろんな花々が咲きほこっています♪

見ているだけで、癒されます。

sakura1

sakura2

sakura3



sakura4

sakura5

幸せな気分になりますね🌸
前へ  1 2 3 4 5 6 7 8  次へ ]      515件中 11-15件