兜飾り


ロザリオ館併設の玩具資料館では、端午の節句にちなみ「兜飾り」を展示しています。


兜飾り1



現代では「こどもの日」として祝われる5月5日。この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。


端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。


それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として


定着していきました。




ロザリオ館の花壇に咲いているキンセンカの花です。


チョットおかしくないですか?


花から花が咲いているんですよ。


キンセンカ3


こんなの見たことがありますか?


キンセンカ


誰かのいたずらではありません。


まれにあることらしいですが初めて見ました。


キンセンカ2





サルビア


サルビアの苗が届きました。早速植え付けをしています。


サルビア2


駐車場奥にある丸花壇が真っ赤なサルビアの花でいっぱいになるのが楽しみです。




チューリップ


こちらは11月13日に植え付けをしたチューリップです。


そろそろ花が咲き始め見ごろになってきました。


チューリップ3


チョット背が低いけどかわいらしい花が咲いています。


チューリップ2


よくみるとチューリップの花の中はこんな風になっていますよ。



ロザリオ館ではいろんな花が楽しめるように現在花壇を造成中です。


四季折々の花を咲かせてみたいです。





ビフォー


以前、ロザリオ館の右手方向には、植木と奥には杉の木がありました。


ロザリオ館と大江天主堂


1月には植木が剪定され、今回は杉の木が伐採されました。



おかげで以前は見えていなかった大江教会が見えるようになりました。


館内も少し明るくなったような気がします。



お越しの際には、ロザリオ館と大江教会のツーショット。写真に収めてみられてはいかがでしょうか。


下の2枚の写真。どこが違うかわかりますか?


ビフォー


アフター


ロザリオ館右手の植木ですよ。


枝落としされてスッキリとなりました。


建物周辺の木も剪定されて見違えるようにきれいになりました。


春には、新しい芽が出てくるでしょう♪



[ 1 2 3  次へ ]      12件中 1-5件