このページは利用申請書ダウンロードページです。
必ず以下の文言をお読みになってからご利用ください。
また申請書は文化交流館の事務室までお願いします。

・まず、利用案内を御覧ください。

・利用者及び入場者は、次の事項を遵守していただきます。
 (1)許可無くして物品の販売をしないこと
 (2)所定の場所以外に出入りし、喫煙し、火気を使用しないこと
 (3)収容人員は、利用する施設の定員を超えないこと
 (4)許可無く壁、柱などに張り紙や釘打ちをしないこと
 (5)文化交流館の運営に支障をきたすような行為をしないこと
 (6)(1)~(5)のほか、職員の指示事項をまもること

・利用者は、文化交流館の施設、器具等を壊したり被害を与えた場合は、直ちに文化交流館損傷(亡失)届(様式第7号)にて届け出なければなりません。

・利用者は、利用を終わったときは、直ちに職員の点検を受けなければなりません。

・利用申請書は、利用する日の属する月の6ヶ月前から受付ます。
(例)9/20から使いたい→6ヶ月前の3月から受付。

・利用許可が出た場合、天草市教育委員会が天草文化交流館利用(変更)許可書(様式第2号)を交付します。
許可した事項を変更する際も同様です。

・利用許可の順位は、申請順になります。

・利用時間は実際に利用する時間のほかに、準備や設備等を原状に回復するために要する時間を含めたものとします。

・利用者は、利用開始したあとは、利用時間を延長することはできません。
ただし、教育委員会が利用の延長を認める場合は、この限りではありません。

・前項ただし書きの規定により延長された利用時間に係る使用料は、直ちに納付していただきます。

・利用許可を得たあとで、その利用を取り消そうとする場合は、利用許可申請書を添えて、天草文化交流館利用取消届(様式3号)を提出してください。

・使用料を減額、または免除する場合は次のとおりとします。
 (1)教育委員会に登録し、特に認められた団体が利用するとき。
 (2)教育委員会が特に必要あると認められたとき。

・使用料の減免を受けようとするものは、天草文化交流館使用料減免申請書(様式第4号)を市長に提出していただきます。また市長は申請を許可したときは、天草文化交流館使用料減免決定通知書(様式第5号)を交付します。

・次のいずれかに当てはまる場合は、天草文化交流館利用許可取消通知書(様式第6号)により利用を取消し、当該項目に定める額を還付します。
 (1)天災地変その他利用者の責任に帰し得ない事由によって利用できなくなったとき
   →未利用期間につき全額還付
 (2)利用の10日前までに利用の取消しを申し出て、市長が相当の理由があると認めるとき
   →8割の還付
 (3)利用の10日前までに許可事項の変更を申し出て、市長が相当の理由があると認めるとき
   →その変更により減じた額を還付
 (4)教育委員会の都合により利用許可を取消したとき
   →未利用期間につき全額還付

以上です。
○天草文化交流館利用(変更)許可申請書ダウンロード(MS-Word形式)
○天草文化交流館利用(変更)許可申請書ダウンロード(Adobe PDF形式)


en → ja
○天草文化交流館使用料減免申請書ダウンロード( MS- Wordの形式) ○天草文化交流館使用料減免申請書ダウンロード( Adobe PDFの形式)