4月1日付で当館の館長が交代しました

新館長 本多
 新館長 本多康二

<ごあいさつ>
 新しく、天草市立天草コレジヨ館に赴任して参りました本多康二(ほんだ こうじ)と申します。
 天草コレジヨ館には、①約450年前、天草にキリスト教が伝来した布教期の文化つまり南番文化を展示した「コレジヨ」展示室、②世界100ヶ国の子どもたちに向け贈られた市松人形の答礼に送られてきた117体の人形を展示した「世界平和大使人形の館」、③郷土の偉人が、人々の幸せと平和を願って奔走した活躍を展示した「郷土先達資料室」の3つの展示室がございます。天草コレジヨ館は、この3つに共通する「平和」をみんなが「集って学習」する「学寮/コレジヨ」を目標とした博物館でございます。
 また当館には日本で唯一の博物館付属室内楽団である古楽演奏グループ「コレジヨの仲間」がございます。生きた音楽を奏でる展示物として一年を通して活発な活動を行ってくれています。
 私達の祖先である天草潜伏キリシタンの歴史は、少なからず天草に住む私達の心や生活に強い影響を与えていると思います。本年、天草の崎津集落が世界遺産に登録される時が迫っています。私は、この天草コレジヨ館に在籍しているこの時にその瞬間に立ち会えることを栄光の思い、世界遺産の意義を来館者に紹介できるよう今後一層の努力を行っていこうと思います。

        平成30年4月1日
        天草コレジヨ館 館長 本多 康二