天草キリシタン館では、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放映にあわせ、令和2年度企画展「天草を治めた光秀の孫 ~仁義の侍 三宅藤兵衛~」を開催いたします!

あの明智光秀の孫が、列島の端天草を治め、この地に今も眠る・・・・

 企画展の主役、三宅藤兵衛重利は、光秀の娘岸と腹心である明智左馬助の子どもとして生まれ、成長の後は天草富岡城主として天草四郎率いる一揆軍と戦いました。奮闘の末、本渡町広瀬で命を落とし、現在も広瀬地区の共同墓地内に葬られています。
 企画展では、藤兵衛の人生を彩る資料を展示し、波乱に満ちたその生涯をたどります。また、没後の天草の人々による顕彰のあり方も振り返ります。
天草の魅力的な歴史を知るまたとない機会ですので、ぜひご観覧ください!

ところ  天草市立天草キリシタン館  天草市船之尾町19-52
と き  令和2年10月14日(水)~12月21日(月) 火曜日休館
開館時間 午前8時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
観覧料:一般300円、高校生200円、小中学生150円(市内在住の学生は無料)
※館の常設展示と一緒に観覧できます。

三宅藤兵衛
企画展チラシ


展示資料
展示資料:明智左馬助浮世絵(天草市蔵)

2020年09月30日更新