令和3年5月21日

 組合員及びご利用者 様

                          天草漁業協同組合

                          代表理事組合長 江口 幸男


不祥事件発覚のお詫びについて



 この度、当組合におきまして、下記の不祥事件が発覚しましたので、ご報告致します。
 組合員の皆様からの当組合に対する信頼を損ねることとなり、大変申し訳ありません。
 役職員一同、心より深くお詫び申し上げます。
 今後は、再発防止策ならびに役職員への教育を徹底し、役職員一丸となって組合員
 皆様からの信頼回復に努力してまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


 
 
 1. 不祥事の当事者   
         当組合の前組合長
   
   2.不祥事の内容
    平成27年、天草漁協に普通貯金口座を開設し、漁協の収益に計上すべきと思われ
    る金銭が入金され、懇親会等の私的な飲食代等に支出されていた疑いがある。

   3.不祥事発覚の経緯
    当組合の内部監査において、当該貯金口座の存在が指摘され、その後の調査で疑
    われる事実が発覚。

 4.今後の対応
        外部専門家による、第三者委員会を設置し、原因究明と再発防止に向けて取り組
        みます。
        また、第三者委員会の調査結果を踏まえ、顧問弁護士と協議の上、当事者に対し
        て法的措置を含め厳正なる対応を行います。

    今後は再発防止に向けて、体制の改善策を速やかに検討し、役職員一丸と
            なって法令を遵守した適切な組合運営に取り組んでまいります。
    尚、資金運用には問題ございませんので、ご安心いただければと存じます。

2021年05月21日更新