こんにちは。


地域おこし協力隊の北野です。


先週の晴れた日にカメラとドローンを持参し、新和町の



「横島(よこしま)」



の現状調査を行ってきました。



504



横島は天草市新和町ではただひとつの離島で


およそ50年前には26戸、150人が住んでいました。


養蚕業を中心とした産業が盛んで


のちに酪農業やミカンなどの果樹園も増えましたが


時代の流れとともに、人口は減少の一途をたどりました。


とはいえ、今も横島にお住いの方はいらっしゃいます。


元住民で、別荘として住居や畑を管理されている方も多く


ほとんど毎日のように出入りされています。


※横島は、無人島ではありません。



505



横島漁港の桟橋もきちんと管理されていました。


そして漁港の横には「横島神社」があり


こちらも住民の方々により、今もきれいに手入れされています。


横島神社には「ネズミの神様」が祀られているというお話です。



506



507



508





510



離島ならではの雰囲気がある、とても素敵な町並みです。


そして集落の裏手の山頂には


巨大なご神木のある神秘的な「金毘羅宮」がありました。



511



512



ただ、金毘羅宮の周辺は竹林になっており


海を泳いで渡ってきたイノシシが大量に繁殖しているようで


取材中もずっと、近くからイノシシの足音と鳴き声が聞こえていました。


崖下を覗くと、イノシシの親子が普通に歩いていました( ;∀;)


追いかけてきそうだったので、僕も走って逃げました。


とにもかくにも、ワクワクとドキドキが止まらない横島探検隊。


次回は「後編」をお届けします。


地域おこし協力隊の北野でした(^_-)-☆

2019年05月15日更新
キーワード: 天草 新和町 横島 イノシシ ドローン