こんにちは。


地域おこし協力隊の北野です。


2月に入り、新和町では本格的に



「アオサの収穫」



が始まりました。



IMG_5421



2月の凍えるように冷たい海の中


アオサの養殖業者の方々は朝早くから収穫作業をされていました。


食用として養殖されているアオサのほとんどは


「ヒトエグサ(一重草)」だそうです。


2月から5月まで収穫は行われ


ひと網につき月に一度から二度、摘み取りされるそうです。



IMG_5277



IMG_5295



IMG_5303



新和のアオサは品質が良く風味も格別で


そのほとんどが三重県の市場に出荷されています。


収穫作業の様子も、この時期にしか見れない風景のひとつです。


ただ、地球温暖化の影響は大きく


今年は例年よりもひと月ほど生育が遅れているとのことです。



IMG_5407



IMG_5416



IMG_5411



IMG_5285



IMG_5310



天草市内でも今年とれたてのアオサの販売が始まっています。


美味しい初物のアオサは、お味噌汁や佃煮などにおススメです。


どうぞ、春の訪れを感じてください(^^)/


2月24日に新和町のはまぼう公園駐車場で行われる


「大宮地川 シロウオ祭り」


でも、アオサの販売がありますよ。


地域おこし協力隊の北野でした☆彡

2019年05月15日更新
キーワード: 天草 新和町 アオサ 収穫