並び順 昇順 / 降順      キーワード検索
[ 1 2  次へ ]      16件中 1-8件
錦島港跡
錦島港跡(九州本土と天草を結ぶ物流・人流の大動脈として定期船が運航していた。)
九州本土と天草を結ぶ物流・人流の大動脈として定期船が運航していた。
楠浦諏訪神社
楠浦諏訪神社
宗像本家
宗像本家(天草の乱後から幕末まで楠浦村庄屋であった本家です。1680年代の建築で、屋敷前のほりには、初夏になると花菖蒲が咲き乱れ、道行く人の目を楽しませてくれます。)
天草の乱後から幕末まで楠浦村庄屋であった本家です。1680年代の建築で、屋敷前のほりには、初夏になると花菖蒲が咲き乱れ、道行く人の目を楽しませてくれます。
釜ノ迫堀切り
釜ノ迫堀切り(方原川の水流をさえぎる釜ノ迫の岩山が立ちはだかっており、雨が降るたびに氾濫を引き起こしていた。そのため、この岩山を手作業で掘削し、人工川を開削した。1861年に工事に着手し、4年の歳月をかけて完成した。この完成を祝ったものが掘り切り唄である。)
方原川の水流をさえぎる釜ノ迫の岩山が立ちはだかっており、雨が降るたびに氾濫を引き起こしていた。そのため、この岩山を手作業で掘削し、人工川を開削した。1861年に工事に着手し、4年の歳月をかけて完成した。この完成を祝ったものが掘り切り唄である。
秋祭り
秋祭り(毎年10月19日に近い日曜日に、十五社から諏訪神社までおよそ1kmを時代行列が練り歩きます。眼鏡橋を行列が渡り、多くの見物客が訪れます。)
毎年10月19日に近い日曜日に、十五社から諏訪神社までおよそ1kmを時代行列が練り歩きます。眼鏡橋を行列が渡り、多くの見物客が訪れます。
楠浦の眼鏡橋
楠浦の眼鏡橋(天草市で現存する石橋では、最も古く、アーチの美しさと周りの景観との調和がすばらしく、平成18年5月に県指定重要文化財に指定されています。)
天草市で現存する石橋では、最も古く、アーチの美しさと周りの景観との調和がすばらしく、平成18年5月に県指定重要文化財に指定されています。
伊賀倉権現古塔群
伊賀倉権現古塔群(鎌倉時代から室町時代の古墳が大部分で、1箇所に50基以上に及ぶ古墳群は珍しいといわれています。市指定文化財。          )
鎌倉時代から室町時代の古墳が大部分で、1箇所に50基以上に及ぶ古墳群は珍しいといわれています。市指定文化財。          
楠浦新田古墳
楠浦新田古墳(今からおよそ1400年前の古墳時代後期につくられたものです。市指定文化財。)
今からおよそ1400年前の古墳時代後期につくられたものです。市指定文化財。
[ 1 2  次へ ]      16件中 1-8件